海外大学院留学説明会@名古屋大学 2022年7月10日(日)

      海外大学院留学説明会@名古屋大学 2022年7月10日(日) はコメントを受け付けていません
Share Button

海外大学院学位留学 ー 世界は誰かの挑戦でできている ー

海外の大学院に進学し学位を得るーそれは日本ではあまり聞き慣れない選択肢かもしれません。しかし海外のトップ大学院では、優秀な大学院生のほとんどが学費を免除され、さらに生活費を賄うための給料も支給されています。充実した研究環境と優秀な同僚たちに囲まれ、経済的な心配をせず、自分の好きなことに熱中できる刺激的な毎日です。もしただ知らないだけでこの魅力的な選択肢が見過ごされてしまっているとしたら、大変もったいないことです。

説明会では、皆さんに学位留学をもっと身近に感じて頂けるように、大学院留学というキャリアを様々な観点から先輩の実体験を交えながら紹介します。「海外大学院でしか得られない経験は?」「日本とどこが違う?」「出願はいつ、どうやって?」「卒業後の進路は?」などの様々な疑問に、留学経験を持つ先輩が自らお答えします。今回の登壇者である4名は全て名古屋大学の卒業生です。登壇者は大学卒業後に海外のトップスクールに留学したという共通点を持つ一方で、研究分野や出願の戦略、留学の動機、これまでの留学歴などは様々です。そのためバックグラウンドに関わらず、参加者の皆さんにとってそれぞれのロールモデルがこの説明会できっと見つかると思います。

海外大学院留学は、就職と進学に次ぐ第三の選択肢です。これは私たちの「既定コース」から外れてしまうため、比較的ハードルの高い選択肢であるかもしれません。しかしその先には刺激的かつユニークな経験と、世界を舞台に活躍できる道があなたを待っています。学位留学を通じて世界で勝負してみたい皆さん、ぜひ気軽に説明会へ足を運んでみてください!!

概要

主催: 米国大学院学生会
共催名古屋大学 グローバル・エンゲージメントセンター
後援: 船井情報科学振興財団
日程: 2022年 7月 10日 (日)
時間: 20:00-22:00
場所: Zoomによるオンライン説明会(リンクは下から事前登録された方にお送りいたします)

事前登録

参加をご希望の方はこちらから事前登録をお願い致します。参加無料、学外からの参加も歓迎です。

プログラム

20:00-21:00 第1部(講演会)

家田 有(Institut Pasteur • Sorbonne université, 分子生物学専攻, Ph.D. 課程在籍)
鈴木 健介(The Pennsylvania State University, Department of Economics, Ph.D. 課程在籍)

千葉 悠希奈(The Rockefeller University, Bioscience (Neuroscience), Ph.D. 課程進学予定)
柳 伶旺(California Institute of Technology, Materials Science, Ph.D. 課程進学予定)

21:00-21:30 第2部(パネルディスカッション)

パネルディスカッションでは登壇者が事前登録でいただいた質問等を中心に、大学院留学に関する様々な質問にお答えします。

21:30-22:00 第3部(懇親会)

懇親会では各登壇者にzoom上で直接質問をして頂けます。興味がある登壇者のブレイクアウトルームにご移動ください。

講演者

家田 有(Institut Pasteur • Sorbonne université, 分子生物学専攻, Ph.D. 課程在籍)

2021年3月名古屋大学理学研究科生命理学専攻修士課程修了。同10月よりパスツール研究所・ソルボンヌ大学(パリ大学・パスツール研究所連携国際博士課程プログラム(PPU))、フランスに進学。専門は発生学、動物個体内の解剖学的特徴が形成されるメカニズムについての研究を行っている。

鈴木 健介(The Pennsylvania State University, Department of Economics, Ph.D. 課程在籍)

名古屋市出身、留学までの27年間を千種区・本山の実家で過ごす。2009年4月に名古屋大学経済学部に入学、4年次に独・フライブルグ大学へ交換留学、2013年3月卒業。同4月より大学院経済学研究科に進学、同10月より「PhDプロフェッショナル登龍門」履修生。2015年3月に修士課程修了。同4月より博士課程、日本学術振興会特別研究員。2017年8月よりペンシルベニア州立大学経済学部に進学(2018年度より本庄国際奨学財団奨学生)。2020年度より名古屋大学大学院経済学研究科附属国際経済政策研究センター共同研究員。専門分野は国際経済学・空間経済学・労働経済学で、現在は日本における外国人労働者の受け入れが産業・就業構造に与える効果を分析している。

千葉 悠希奈(The Rockefeller University, Bioscience (Neuroscience), Ph.D. 課程進学予定)

2020年名古屋大学理学部生命理学科卒業、2022年名古屋大学理学研究科生命理学専攻修士課程修了。在学中に、英国のUniversity of Cambridgeに短期留学、米国のRice Universityと独国のHeidelberg Universityにて研究インターンを経験。2022年秋よりThe Rockefeller University, The David Rockefeller Graduate Program in Bioscienceに進学。興味のある研究分野は、神経科学と進化生物学。JASSO奨学生。

柳 伶旺(California Institute of Technology, Materials Science, Ph.D. 課程進学予定)

2019年3月名古屋大学工学部物理工学科を卒業。2022年3月名古屋大学工学研究科化学システム工学専攻、修士課程を修了。2022年9月よりカリフォルニア工科大学、Materials Science、PhD課程に進学予定。3Dプリンタを用いたメタマテリアルの研究を行う予定。船井情報科学振興財団奨学生(2022-)。

参考リンク集

・米国大学院学生会: https://gakuiryugaku.net/
・船井情報科学振興財団: https://funaifoundation.jp/
・船井情報科学振興財団 (奨学生の報告書): https://funaifoundation.jp/scholarship/grantees_up_to_now.html
・Xplane: http://xplane.seldoon.net/

お問い合わせ

ご質問等ありましたら yanagi.reo10  [at]  gmail.com までご連絡ください。
Twitterの公式ハッシュタグ: #海外大学院留学説明会2022夏

Share Button