海外大学院留学説明会@北海道大学 2022年7月9日(土)

      海外大学院留学説明会@北海道大学 2022年7月9日(土) はコメントを受け付けていません
Share Button

海外大学院学位留学 ー 世界は誰かの挑戦でできている ー

海外の大学院に進学し学位を得るーそれは日本ではあまり聞き慣れない選択肢かもしれません。しかし海外のトップ大学院では、優秀な大学院生のほとんどが学費を免除され、さらに生活費を賄うための給料も支給されています。充実した研究環境と優秀な同僚たちに囲まれ、経済的な心配をせず、自分の好きなことに熱中できる刺激的な毎日です。もしただ知らないだけでこの魅力的な選択肢が見過ごされてしまっているとしたら、大変もったいないことです。

説明会では、皆さんに学位留学をもっと身近に感じて頂けるように、大学院留学というキャリアを様々な観点から先輩の実体験を交えながら紹介します。「海外大学院でしか得られない経験は?」「日本とどこが違う?」「出願はいつ、どうやって?」「卒業後の進路は?」などの様々な疑問に、留学経験を持つ先輩が自らお答えします。今回の登壇者である4名は全て北海道大学の卒業生です。登壇者は大学卒業後に海外のトップスクールに留学したという共通点を持つ一方で、研究分野や出願の戦略、留学の動機、これまでの留学歴などは様々です。そのためバックグラウンドに関わらず、参加者の皆さんにとってそれぞれのロールモデルがこの説明会できっと見つかると思います。

海外大学院留学は、就職と進学に次ぐ第三の選択肢です。これは私たちの「既定コース」から外れてしまうため、比較的ハードルの高い選択肢であるかもしれません。しかしその先には刺激的かつユニークな経験と、世界を舞台に活躍できる道があなたを待っています。学位留学を通じて世界で勝負してみたい皆さん、ぜひ気軽に説明会へ足を運んでみてください!!

概要

主催: 米国大学院学生会
後援: 船井情報科学振興財団
日程: 2022年 7月 9日 (土)
時間: 20:00-22:00
場所: Zoomによるオンライン説明会(リンクは下から事前登録された方にお送りいたします)

事前登録

参加をご希望の方はこちらから事前登録をお願い致します。参加無料、学外からの参加も歓迎です。

プログラム

20:00-21:00 第一部(講演会)

大田垣 尚(ホーエンハイム大学 景観生態学 修士課程 進学予定)
和田 哉恵(ヨーテボリ大学 ジェンダー学 修士課程 在籍)
兼田 真周(イェール大学 化学&環境工学 博士課程 在籍)
馬渕 祐太(コーネル大学 神経生物学 博士課程 在籍)

21:00-22:00 第二部(パネルディスカッション・Q&Aコーナー)

パネルディスカッションでは登壇者が事前登録でいただいた質問等を中心に、大学院留学に関する様々な質問にお答えします。

講演者

大田垣 尚(ホーエンハイム大学 景観生態学 修士課程 進学予定)

2022年北海道大学農学部卒業。今秋よりドイツのシュトゥットガルトにあるホーエンハイム大学修士課程に進学する予定。学部時代は農業気象・森林水文に関する研究をしていたが、修士では専攻を変え、景観生態学と呼ばれる学際的な分野を学ぶ予定。

和田 哉恵(ヨーテボリ大学 ジェンダー学 修士課程 在籍)

2019年北海道大学文学部卒業、2021年同大学文学院修士課程(英文学)を修了。修士課程1年次に大学院特別プログラム「新渡戸カレッジ」を受講し、同プログラム奨学生に選出される。北大在籍時から関心のあったジェンダー平等促進に向けた社会システムについて学ぶべく、2021年8月にスウェーデン・ヨーテボリ大学ジェンダー学修士課程に進学。2021年度JASSO海外留学支援制度(大学院学位取得型)派遣学生並びに2021年度ロータリー財団地区補助金奨学生。

兼田 真周(イェール大学 化学&環境工学 博士課程 在籍)

2020年北海道大学工学院環境創生工学専攻修士課程を修了。2017年に同大学工学部を卒業後、米国東海岸のコネチカット州ニューヘイブン市にあるイェール大学へ1年間の研究留学を行う。北海道大学にて修士号取得後、2020年秋からイェール大学化学&環境工学の博士課程へ進学した。現在は環境工学と高分子化学の二つの研究グループに籍を置き、世界的な水不足問題を解決するために先進的な水処理技術を研究している。2020年度船井情報科学振興財団奨学生並びに2020年度ロータリー財団グローバル補助金奨学生。

馬渕 祐太(コーネル大学 神経生物学 博士課程 在籍)

2017年北海道大学 理学部 生物科学科 生物学専修卒業。同年8月、ニューヨーク州イサカにあるコーネル大学、Department of Neurobiology and Behavior Ph.D.プログラム入学。脳と行動の性差に関心があり、現在はショウジョウバエをモデルに、攻撃行動と求愛行動に着目して研究しています。2017年度船井情報科学振興財団奨学生。

参考リンク集

・海外大学院留学説明会@北海道大学 2020年夏季 YouTube配信: https://youtu.be/gyXsTbyBmU0
・米国大学院学生会: https://gakuiryugaku.net/
・船井情報科学振興財団: https://funaifoundation.jp/
・船井情報科学振興財団 (奨学生の報告書): https://funaifoundation.jp/scholarship/grantees_up_to_now.html
・Xplane: http://xplane.seldoon.net/
・留学とその先: https://hokudaikaigaigrad.wixsite.com/support
・推薦状のススメ: https://gakuiryugaku.net/newsletter_content/2015-02.pdf
・SoPのススメ: https://gakuiryugaku.net/web/wp-content/uploads/2017/07/newsletter2017-summer_v3.pdf
・GRE対策Magoosh: https://magoosh.com/

お問い合わせ

ご質問等ありましたら cplus2_180  [at]  yahoo.co.jp までご連絡ください。
Twitterの公式ハッシュタグ: #海外大学院留学説明会2022夏

 

 

Share Button