海外大学院説明会@東北大学 2020年7月12日 (日)

      海外大学院説明会@東北大学 2020年7月12日 (日) はコメントを受け付けていません。
Share Button

海外大学院学位留学 ー「自分の可能性を、世界へ」ー

海外の大学院に進学し、学位を得るーそれは日本ではあまり見慣れない選択肢かもしれません。しかし、ご存知でしょうか。海外のトップの大学院では、優秀な大学院生のほとんどが学費を免除される上に、生活費を賄うための給料も支給されています。経済的な心配のない環境で、充実した環境と優秀な同僚たちに囲まれ、好きなことに熱中できる毎日です。そんな魅力的な選択肢が、ただ見知らぬものであるが故に見過ごされてしまっているとしたら、それは大変もったいないことです。

本説明会では、みなさんに学位留学をもっと身近に感じて頂けるように、様々な観点から大学院留学というキャリアについての情報提供を行いたいと思っています。「海外大学院でしか得られない経験は?」「出願はどうやって?」「卒業後の進路は?」など、様々な疑問を準備してお越しください。留学経験を持つ先輩があなたの疑問にお答えします。今回の登壇者4名は全員が東北大学の卒業生で、大学卒業後に海外のトップスクールに留学したという共通点を持つ一方で、分野、留学歴、留学の動機などは様々です。バックグラウンドに関わらず、参加者の方それぞれにとってのロールモデルがきっと見つかることと思います。

海外大学院留学は就職、進学に次ぐ第三の選択肢です。これは日本での「既定のコース」から外れてしまう、比較的ハードルの高い選択肢であるかもしれません。しかし、その先には刺激的で数奇な経験と、世界を舞台に活躍する道があなたを待っています。学位留学を通じて世界で勝負してみたいみなさん、ぜひ説明会に足を運んでみてください。

主催: 米国大学院学生会
後援: 船井情報科学振興財団
協力: 東北大学 高度教養教育・学生支援機構 グローバルラーニングセンター
日時: 2020年7月12日(日) 17:00-19:00
会場: Youtube:https://youtu.be/pPT7iOUEPVQ (←最新版のURLです。)
※URLは変更になる場合があります。当日に再度ご確認ください。
参加費: 無料

東北での9回目の開催となります、奮ってご参加ください!本年度海外大学院へ進学を検討されている方は是非ご参加ください。
*本説明会は一般参加も受け付けています。社会人の方・他大学の方・高校生の方も奮ってご参加ください。

 

事前登録

参加をご希望の方はこちらより事前登録をお願い致します。事前にいただいた質問をもとに講演内容等を決定いたしますので、お早めにご登録いただけましたら幸いです。

 

プログラム

17:00-18:00 第1部(講演会)

「出願から合格まで・博士留学@アメリカ ~東北大学の工学部(カバイ)から~」
勝山湧斗:アメリカ カリフォルニア大学ロサンゼルス校 化学専攻博士課程(進学予定)
アメリカの大学院進学のための準備、受験の流れ・対策について。GRE、TOEFL、エッセイについて。奨学金獲得までの流れなど。

「イギリスにマスター進学!受験準備と大学院合格まで ~東北大学の文学部(考古学専攻)から~」
川上知哉:イギリス ヨーク大学 考古学専攻修士課程(在学中)
イギリスの大学院進学のために学部時代に行った準備や受験プロセスについて。留学費用のリアル(寮費や授業料、生活費など)について。

「(英語圏外の)ヨーロッパ博士留学@オランダ。東北大学修士取得から博士留学まで。」
篠原敬博:オランダ ユトレヒト大学 地球科学専攻博士課程(在学中)
大学院留学に向けた準備(主に修士課程在学中)について。イギリス以外のヨーロッパ博士課程の特徴について。自身の経験に基づいた、アメリカ、オランダの研究室の違いについて。「ヨーロッパ留学のすゝめ」等。

「会社を辞めてイギリスの大学院進学~東北大学文学部から児童文学へ~」
高坂佳世子:イギリス レディング大学 児童文学専攻修士課程(修了)
学生時代から留学を志願するも踏み切れず社会人に。夢を諦めきれず退社してイギリスの大学院へ進学。修士卒業後、イギリスで就職活動を経験、その厳しさを知る。

18:00-19:00 第2部(パネルセッション)

パネルディスカッションでは、事前登録フォームからお寄せいただいた質問を題材に留学経験者が討論します。その意味でも、是非事前登録フォームでのアンケートにご協力いただければ幸いです。

講演者・パネリスト プロフィール

勝山湧斗
茨城県水城高校出身。2020年3月に東北大学工学部化学バイオ工学科を卒業後、今夏からUniversity of California, Los AngelesのPh.D. program in Chemistryへ進学予定。研究内容は再生可能エネルギー向けエネルギー貯蔵デバイスの電極材料。2020年度 船井情報科学振興財団 奨学生。所属していたサークルはIPLANETとWHO。1年次の冬にSAP(イギリス、ヨーク大学)に参加。3年次にUniversity of California, Berkeleyにて1年間の交換留学。留学情報をブログにまとめています。

川上知哉
岡山県岡山市出身。2019年3月に東北大学文学部考古学専修を卒業後、2019年9月からイギリスのヨーク大学、Taught Mester in Funerary Atchaeologyに進学。研究内容は先史時代における埋葬習慣と社会構造への応用。伊藤国際教育交流財団2019年度奨学生。東北大学在学時は主にAIESEC仙台委員会で活動。1年次の春にSAP(イギリス、ヨーク大学)に参加。

篠原敬博
埼玉県さいたま市出身。東北大学理学部地圏環境科学科卒業。同大学院理学研究科地学専攻を20199月に卒業後、201910月からユトレヒト大学地球科学部へ進学。研究テーマは、地下エネルギー資源(地熱、天然ガス、石油等)開発の際に発生する地震について。修士課程在学中、アメリカ・ペンシルバニア州立大学へ10か月間の研究留学。東北大在学時は学友会サッカー部、海外インターンシップ、留学生課におけるアドミニストレイティブアシスタント等を経験。

高坂佳世子
宮城県仙台市出身。2015年3月に東北大学文学部英文学科卒業。在学中はSAPでオーストラリア、KAKEHASHIプログラムでアメリカに渡る。仙台市の証券会社に3年4か月勤務後、イギリスのレディング大学で児童文学を専攻。ファンタジー作品が好きで卒論も修論もナルニア国物語を研究。テーマは夢と現実の関係性について。

お問い合わせ

次のメールアドレスへお送りください:yutok8  [ a t ]  g.ucla.edu
皆様のご参加を心よりお待ちしております。
Twitterの公式ハッシュタグ: #海外大学院留学説明会2020夏

Share Button