海外大学院留学説明会 @ 早稲田大学 2019年12月23日(月)

      海外大学院留学説明会 @ 早稲田大学 2019年12月23日(月) はコメントを受け付けていません。
Share Button

「海外の大学院で学位を取得する。」

それは日本ではあまり見慣れない選択肢かもしれません。しかしご存知でしょうか。海外のトップの大学院では、優秀な大学院生のほとんどが学費を免除される上に、生活費を賄うための給料も支給されています。経済的な心配のない充実した環境で、優秀な同僚たちとともに、好きなことに熱中できる毎日です。そんな魅力的な選択肢が、ただ見知らぬものであるが故に見過ごされてしまっているとしたら、それは大変もったいないことです。

本説明会では、多様なバックグラウンドを持った留学経験者から体験談を共有していただくことで、みなさんに学位留学という選択肢をもっと身近に感じて頂きたいと思っています。当日は海外大学院へ出願する方法や、海外大学院での生活、卒業後の進路など、留学前から留学後まで幅広くお話しする予定です。パネルセッションでは質疑応答も行いますので、留学について思うことを、ぜひ留学経験者に直接尋ねてみてください。

海外大学院留学は、日本での「既定のコース」から外れてしまう比較的ハードルの高い選択肢であるかもしれません。しかし、その先には世界を舞台に活躍する道があなたを待っています。学位留学に興味のある方はもちろん、留学を通じて世界で勝負してみたい皆さん、ぜひ説明会に足を運んでみてください。

 

概要

日程: 2019年12月23日 (月)
時間: 18:00 – 19:45
場所: 早稲田大学 西早稲田キャンパス 62W号館 1階大会議室(会場へのアクセス方法はこちら
  (説明会終了後、53号館 1階 竹内ラウンジにて20:00 – 20:50の間、懇親会を開催予定)
参加費:無料

主催:米国大学院学生会
共催:早稲田電気工学会(EWE)
後援:早稲田大学理工学術院、船井情報科学振興財団

 

事前登録

参加をご希望の方はこちらから事前登録をお願い致します。
本説明会は一般参加も受け付けています。社会人の方・他大学の方もふるってご参加ください。(登録がなくても参加いただけますが、満席の場合事前に登録いただいた方の入場を優先させていただきます。)

 

プログラム

18:00-19:00 第1部(講演会)
講演者:青木 俊介(カーネギーメロン大学 Ph.D.課程在籍:計算機科学)
講演者:山中美和子(インディアナ州立大学 M.S.課程修了:スポーツ科学)
講演者:鈴木 啓 (カルフォルニア大学バークレー校 Ph.D.課程在籍:生物学)

19:00-19:45 第2部(パネルセッション)
パネルセッションでは、事前登録フォームからお寄せいただいた質問を題材に討論します。留学のメリット・デメリットや卒業後の進路等、講演者及び登壇者の体験談を交えつつ、幅広い質問にお答えしたいと思います。

登壇者:五十嵐歩美(オックスフォード大学 Ph.D.課程修了:計算機科学)
登壇者:金石 大佑(カルフォルニア大学バークレー校 Ph.D.課程修了:機械工学)

 

講演者・パネリスト プロフィール

青木 俊介(カーネギーメロン大学 Ph.D.課程在籍:計算機科学)
2012年3月、早稲田大学電子光システム学科を卒業。2014年3月、東京大学情報理工学研究科電子情報学専攻修士課程を修了。マイクロソフト・リサーチ・アジア (MSRA) の客員研究員を経て、2015年8月より Carnegie Mellon University, Electrical and Computer Engineering Ph.D. Programに進学。自動運転車の設計・開発、車車間通信、強化学習の研究などに取り組む。Funai Overseas Scholarship Student (2015-)。

山中 美和子(早稲田大学スポーツ科学研究科Ph.D.課程所属:アスレティックトレーンング・スポーツ整形外科)
2014年、早稲田大学スポーツ科学部を卒業。2018年、Indiana State Universityの修士課程にてアスレティックトレーニング・プログラムを修了。アスリートの医学的サポートを実践する臨床経験を積みながら、修士課程在学中にはインターンとしてKorey Stringer Institute, University of Connecticutで全米の高校を対象にした部活動のセーフティに関する大規模な調査研究にも参加。現在も引き続きスポーツセーフティの研究に従事。アスレティックトレーナーとして早稲田大学男子バレーボール部のサポートも行っている。

鈴木 啓(カルフォルニア大学バークレー校 Ph.D.課程在籍:進化生物学・分子生物学)
岩手県出身。2015年、東北大学理学部生物学科を卒業。2017年、同大大学院生命科学研究科修士課程を修了。同年秋からの米国大学院入学を目指して出願するも全滅。平和中島財団奨学生に採用され、2017年9月から1年間 University California, BerkeleyにVisiting scholarとして滞在する。2018年より同大学 Department of Integrative Biology Ph.D.課程に在籍。昆虫のエサの好みを制御する分子・神経のしくみについて研究に取り組んでいる。

五十嵐 歩美(東京大学 学術振興会特別研究員)
2014年、筑波大学大学院システム情報工学研究科社会システム工学専攻を修了。2014年10月、オックスフォード大学計算機科学科Ph.D.課程Algorithmsグループへ進学。2018年3月、同大学にてPh.D.を取得。2018年4月より、日本学術振興会特別研究員 (PD) 特別研究員。専門は、ゲーム理論とアルゴリズム理論の融合領域であるアルゴリズム的ゲーム理論。Funai Overseas Scholarship Student (2014-)。

金石 大佑(BionicM Inc.)
2011年、早稲田大学創造理工学部総合機械工学科を卒業。同年、Vulcanus in Europeプログラムに参加し、独企業Continental Automotive GmbHにてインターン。2014年、同大学創造理工研究科総合機械工学専攻、及び同大学技術経営リーダー専修コースを修了。2019年、University of California, Berkeley 機械工学科 Ph.D課程を修了。ウエアラブルロボットに関連した機械制御・モデリングや生体信号処理等の研究に取り組む。現在は大学発スタートアップにてロボット義足の制御・開発に従事。Funai Overseas Scholarship Student (2014-)。

 

お問い合わせ

次のメールアドレスへお送りください: info_____at______gakuiryugaku.net
皆様のご参加を心よりお待ちしております。
Twitterの公式ハッシュタグ: #gakuiryugaku

 

Share Button