海外大学院留学説明会@東京工業大学 2019年12月15日(日)米国西海岸編

      海外大学院留学説明会@東京工業大学 2019年12月15日(日)米国西海岸編 はコメントを受け付けていません。
Share Button

海外大学院学位留学ー「知は国境を越える」

今や世界中の大学院が、国籍を問わず学生を集めるために門戸を開く時代になりました。皆様も大学院への進学、とりわけ博士課程への進学を考えているのなら、大学院での学位取得を目指した留学を選択肢に入れてみませんか?アメリカやヨーロッパの多くの大学院では、博士課程の大学院生のほとんどが学費を免除される上に、生活費を賄うための給料が支給されます。経済的に心配のない環境で、世界中から集まった優秀な同僚に囲まれ研究する環境はとても刺激的です。しかしこうした一般的な留学に関する情報の日本での認知度は低く、海外学位留学は当たり前の選択肢とは言えません。

本説明会ではそうした情報を提供し、皆様に学位留学をもっと身近に感じてもらうことが目的です。「海外大学院ってどうやって出願するの?」「入学してからの日本の大学院との違いは?」「卒業後の進路は?」など、皆様がもつこうした質問に多様なバックグラウンドを持った留学経験者がお答えします。

現在留学中の大学院生は、どのような情熱を持って海を渡り研究や勉強に励んでいるのでしょうか。留学を終えた方々が卒業後どのような進路を選んでいるのでしょうか。そして、世界中から集まる多様な学生達と切磋琢磨することが、どのような意味を持つのでしょうか。

自分の将来にとってより良い進路を考えてみませんか?

日程:2019年12月15日(日) 
時間14:00~16:30 (13:30より開場)
場所東京工業大学大岡山キャンパス 本館一階 H111講義室
参加費:無料
主催:米国大学院学生会
共催東工大国際交流学生会SAGE
後援船井情報科学振興財団東京工業大学国際教育推進機構

今回の東京工業大学での説明会は、特に米国西海岸の大学院出身の講演者を多く集めての開催です。東工大以外の大学からも米国西海岸の大学院に興味のある人は奮ってご参加ください!
*本説明会は一般参加も受け付けています。社会人の方・他大学の方・高校生の方も奮ってご参加ください。

事前登録

参加をご希望の方はこちらより事前登録をお願い致します。
事前登録がなくても参加いただけますが、満席の場合は、事前登録いただいた方の入場を優先させていただきます。また、パネルディスカッションでは、事前登録でいただいた質問を優先的にお答えするので、特に聞きたい質問がある方は、是非事前登録をお願い致します。

プログラム(仮)

14:00-15:30 第1部(講演会)

15:30-16:30 第2部(パネルディスカッション)

パネルディスカッションでは、事前登録フォームからお寄せいただいた質問を題材に留学経験者が討論します。その意味でも、是非事前登録フォームでのアンケートにご協力いただければ幸いです。

講演者・パネリスト プロフィール

磯野文香 (University of California Berkeley, 応用物理系Ph.D.課程在学)

2013年東京工業大学工学部機械宇宙学科卒業。同大学院創造エネルギー専攻在学中にカリフォルニア大学バークレー校物理学専攻に研究留学、CERN(欧州原子核研究機構)での反水素閉じ込めの研究を行う。2015年8
月カリフォルニア大学バークレー校応用科学工学科(応用物理系)博士課程に進学。ローレンスバークレー国立研究所でレーザープラズマ加速について研究中。船井情報科学振興財団奨学生。

石綿整(東京工業大学 工学院電気電子系研究員、Stanford University 電子工学科Ph.D.課程修了)

2008年早稲田大学ナノ理工学専攻修士課程卒業。2015年スタンフォード大学電子工学科よりPh.Dを取得。東工大での特任助教を経て、現在JST さきがけ研究者として量子計測技術の生体応用に従事。専門は材料工学、半導体物理、量子計測。現在の研究内容はダイヤモンド中のNVセンタを利用したナノスケールNMRによる生体解析。

中島章(東京工業大学 物質理工学院材料系教授、The Pennsylvania State University 材料科学専攻Ph.D.課程修了)

1962年東京生まれ。東京工業大学無機材料工学科、同大学院無機材料工学専攻修士課程修了。民間企業(現JXTGエネルギー)勤務を経て1997年 ペンシルバニア州立大学大学院博士課程修了。東京大学先端科学技術研究センター、株式会社先端技術インキュベーションシステムズを経て、2003年 東京工業大学大学院材料工学専攻助教授。2009年同教授。現在、東京工業大学物質理工学院材料系教授、Ph. D.。専門:環境材料、表面機能材料、セラミックス材料。

成田海(California Institute of Technology, 材料科学科Ph.D.課程在学)

東京工業大学金属工学科を2014年に卒業、2016年に材料工学専攻 修士課程修了。2016年9月、カリフォルニア工科大学PhD課程材料科学学科 博士課程に入学。Prof. Julia Greerの指導の下、3Dプリンターを用いた電池電極の開発について研究しています。2016年9月-2019年9月、竹中育英会海外奨学金奨学生、2017年より現在、孫正義育英財団財団生。

お問い合わせ

東京工業大学国際交流学生会(SAGE):sage.tokyo.tech (at) gmail.com

Share Button