よくある質問

 

注: 一部幹事メンバーの独断が含まれることをご了承下さい.また,FAQ としての体裁よりも内容が充実することを優先しており,質問項目によっては回答を複数記載しています.

 

留学希望の方向け

Q: 修士課程です。博士を終えてから留学すべきか、それとももう来るべきか。
A(幹事S): 留学できる状態にあるならば,早いほど良いと思います.
A(幹事I): Posdoc で来ても、アメリカの教育プログラムに触れられない。凄い勉強できる。修士をとった時点で来て欲しい
A(幹事H): 英語について。アプリケーションの英語を読むのは重要なので、やっておくと役に立ちます
A(幹事O): 学部卒業してすぐでしたが、RAつきの合格でなかった。自分自身は「良かった」。チャンスがあるなら、すぐに来るべきではないか。

Q: 強い推薦状がない場合は、トップ大学をあきらめないといけないですか?
A(幹事M): 諦めたらそこで試合終了。そういうことを考えることも、ゲームの一つだと思う。アメリカ大学院留学は、麻雀のよう。何かで補填できないかを考える。
A(幹事I): いい推薦状がない場合はトップをねらえないのか。国際学会に出て、有名な先生に認められて、もらったらどうか?私はある学会に投稿して、推薦状をもらいました。行動が大事.

Q: (メンタープログラムの)留学希望者の応募に条件はありますか?
A: 留学希望者の条件は http://bit.ly/aUbkan をご覧ください。今年度、学位留学を希望。年齢制限はありません。

Q: TOEFL の点数が足りませんが受験をあきらめるべきでしょうか?
A: 先生の立場からみれば、英語が多少できなくとも、頭のいい学生を取りたいのは当然です。かまわず出願しましょう。参考までに Stanford 大学 Computer Science 学科の選考プロセスに関する以下の文章にも、TOEFLは関係ない、と書いてあります。http://nlp.stanford.edu/~rkarthik/DAGAP.pdf

Mentor 希望の方

Q: 修士過程の学生ですが Mentor の資格はありますか?
A: はい,学位留学であれば大丈夫です.詳しくは規約(クリック)をご覧ください.

Q: 留学サポートシステム (RSS) への登録をすると,必ず留学希望者を受け持ってメンタリングする義務が発生するのでしょうか?
A: いいえ。もちろん、ご自身がお忙しい場合、メンタリングしたいと思う学生の応募がなかった場合などは、メンタリングを承認する必要はありません。

Q: 昨年は留学希望者のメンタリングを行なっていたが今年は忙しくてお受けできない.しかしメンタリングのリクエストが来てしまう.どうやったら学位留学サポーターの登録を解除できるか?
A:登録後、登録情報の変更はできて、その際に学位留学サポーターの引き受けをオフにできます。

運営協力に興味を持ってくださった方

Q: 日本人の存在感を上げるためにはどうすればいいか?
A: この団体は始まったばかりなので,アイデアがあるかたは遠慮無くご協力お願いします!

Q: ニュースレターメンバーの仕事内容は?
A: 編集部の仕事内容は最終校正、コラムの執筆など多岐にありますが、毎月発刊を目指していますが、仕事が忙しい時にはシフトで休めるようにする予定です。



コメントを残す